ちょっとした通知&更新情報

自然から贈り物

夏日誌(なつにっし)
この記事は約1分で読めます。

時として普通のように思われる

田舎ではごく当たり前の事柄なんですけれど、日々を注意深く見つめると、そこに「小さな感動」を覚える事も、たまにある。我々現在社会は目まぐるしく、変化、進化、刷新をしているヒト化の社会。でも 自然界の動物・小動物たちの営みは人間の立ち入る隙間のない世界であるはずだった・・・

中世ごろから使われていた羽ペン

たぶんこの頃のものは、雉(キジ)の羽や鷹(タカ)の羽を細工し記録を残すツールとして「羽ペン」が使われていたようである。美術絵画などの書物で当時の情景を察しできることでしょう。子供このころの自然界の「生きざま」はもっと豊富に観察できたような記憶もあるけれど、『小さな感動』を覚えたのでここに記す次第です。

 

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました