ちょっとした通知&更新情報

芽吹く季節になった

この記事は約1分で読めます。

新緑新緑が目立つ日々が続きます

16wp_06774-800x600
我々人間は普通に暮らすうえで、あまり感動を覚えなくなった時代だが、静かに自然の移り行く存在を味わう時間も必要ではなかろうか。特に桜前線が終焉を迎えるころから、『若芽』が時に際立ちます、これをどうとらえるかは、各人のライフスタイルによって様々だが、誰でも新緑の山々や、森林公園、あるいは町中の並木道を通り過ぎるとき、新鮮さを感じると思うし否定もしないだろう。感じないという方はたぶんそのような、空間を見る余裕がないほど忙しいか、心が他の事柄に移って、自然からの恵みを感じなくなってきているのかもしれない。時には『ふと立ち止まる』という余裕があると様々な問題に行き当たるときもきっと支えになると自分は思っている。またそれに加えて、野鳥たちの鳴き声が、雑音と捉えるか、清々しく感じるかも、一日の時間の使い方が違って見えてくるのではなかろうか。
街中に住んでいると、ガーデニングの趣味などの楽しみや憧れも出てくるが、自然豊かな緑地に住んでいると、小さな鉢に根を下ろす草木がかわいそうなぐらいに思う、それより伸び伸びとした自然に広々とした土地に自由な根を下ろすほうが草木たちの生命の力強さをか感じます。まっ!最も草刈りや雑木林の手入れが大変でシンドイですけどねぇ~~^^;

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました