最新更新ページ一覧

猛暑の睡眠の過ごし方

蒸し暑い時には

色々多種多様な寝具(枕も含みます)がありますね。私も試行錯誤色々な方法で、寝具類を調達したりしました。その中でもメキシコや南米で今も使われている『ハンモック』に注目してみました。ハンモックといっても色々な使用方法や環境によって設置の仕方もたくさんあります。まず浮かべることは『キャンプ』に行ったときに使うハンモック。そして『登山』に行ったときのハンモックなどが上げられます。

ハンモックの種類

大まかにアウトドア用、インドア用に分かれて私が使う方法はインドア用つまり室内用ハンモックということになります。ところが、これ室内でも、設置の仕方いろいろあるんですね!『柱と柱に結わいつける』『壁と壁にフックの留め金を付けてつるす』『自立式(スタンド)を組み立てる』とまぁ~ざっと3種類もあるではありませんか・・・

一番簡単な方法

自立式ハンモックが有力候補になります。ただ欠点もあります。それは場所をとるということです。なので6畳~8畳若しくは12畳くらいのスペースが確保されれば快適に使えると思います。(家族構成によっては不向きな場合もあります)

または、広いお庭があり、そこでキャンプ気分でハンモックスタンドを組み過ごすか適当な木があれば理想的で最高だと思います。

ハンモックの調達

ネット検索すると、たくさんヒットしました。

アメリカンタイプと称してます


中でも一番高評価なのは『 Vivere ハンモック』でした。

またハンモック生地のみもあるようで(ロングサイズになります)

Vivere社(ビブレ)の製品はメキシカンタイプを改良したタイプと思っております

メキシカンタイプと称してます

一般的にはメキシコ・ユカタン半島周辺・カリブ諸島が発祥の地となっているそうです。中でも「マヤ族」の方々の寝具の知恵が工夫されていることに多いに注目しました。なぜなら最近解かったことですけど、太古縄文人がマヤ地方に一部移り住んだとされているくらい日本と深いルーツがあると云われているからです。
(他にベトナムとかもハンモック文化があるようです)

ハンモック専門店 遊び(すさび)さんのメキシカンタイプで、スタンド別売もあります。

スタンドだけ調達する方法もよいのですが・・・いろいろ考えるとセットのほうがお得感が出てますけれど、それは各々好みで使えばよろしいかとも思います

その他ハンモックの生地のみ

パラシュート生地・綿生地・網目などありました

夏場はやはり綿製品や網目もよいのですがパラシュート生地も涼しいいです

綿タイプは汗も吸収し洗濯をすればまた、清々しく使えますね

まとめ

キャンプハンモック(アウトドア)の場合 夏仕様にはもう一つ『蚊帳』が必要になります。ハンモックでゆらゆら揺れて、居眠りしていて気持ちよさげでも、害虫(蚊等)に刺されたり(かまれたり)ではせっかくの気分も台無しになりますから・・それに室内でも、ハンモック用の蚊帳があれば尚のことよいのではないでしょうか。

セットとか、ハンモック用の蚊帳単品のみもあるようです

最近は手ごろな値段で揃えられるので便利です。一押しは『Vivere社』二押しは『ハンモック専門店 遊び(すさび)さん』とこってことでしょうか。

フリー素材

注意点として

その他色々工夫したり、或いは、してはいけないこともありますので、使用方法は十分に説明書など熟読されて、楽しく使うことが『快適空間』につながるのではないでしょうか。

ベッド代わりに使う場合は、少しコツがいります!
うつ伏せで寝る癖のある方は使いづらいかもしれません。またハンモックは生地に対して、斜め寄りに体をフィットさせるのがコツのようです。

ハンモックの生地の理想サイズは『長さ210~290cm+幅160cm~180cm』特に生地の幅が広いほうが、斜め寄りにしたときや、チェアー替わりに座る場合広いほうが、よりゆったりできる。

また夏場は快適でも冬場は毛布や場合によっては寝袋(シュラフ)などで温かくしなければなりませんね